昔、カーチャンに「死にたい」って言った事がある。

 

生きてれば、辛い時期が誰にでもあると思う。

 

そんな時に、誰かに相談したりすることもあるのかな。

 

僕は、母親にそれを相談した事があるんだ。

 

f:id:laboratoryrat20:20190208001116p:plain

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

1.中学生の頃、虐められてた

 

中学生の時の話である。

 

説明は難しいが、僕は苦手なK君という友人がいた。

 

僕は中学校の頃はサッカー部で、その友人とよく遊んでいた。

その友人は、自分の思い通りにいかないと怒る性格だった。

 

今でいうと、「自己中心的」という言葉が当てはまるような気がする。

相手が自分の期待に応えないと、すぐ怒るのだ。

 

 

案の定、僕はK君の期待に応えられない事ばかりで、いつも怒られていた。

 

僕は時期に、K君の機嫌を常に気にするようになっていた。

「パシリ」というほど、明らかに使われていなかったかもしれない。

しかし、僕は自主的にK君の奴隷になっていたように思う。

 

そして、K君との人間関係はうまくいかなかった。

 

K君と距離を置けば良かったのだが、

「部活が一緒」ということでそれは叶わなかった。

 

 

別に毎日、殴る蹴るをされていた訳ではない。

たまにあったけど・・・。

 

 

僕は、疲弊していた。

K君に気遣いをしていたが、それすらうまくいかない日々に・・・。

 

 

今思い返せば、K君は僕をいじめてたつもりはなかっただろう。

 

何これと僕に命令をしたり、

悪事が見つかれば僕の所為にしたりしていた。

時には万引きを強要し、やらなければグループではぶられた。

 

こう書けば、K君は僕をいじめてたように見えるけど・・・。

K君自体に「悪気」というものは感じなかった。

純粋に、思い通りに物事を進めたかったのだと思う。

 

「金がないけど、アレが欲しい。

なら、パクらせればいい。」

 

それくらいの感覚だったように思える。

 

 

2.学校に行きたくなくなり、死にたくなった

 

中学生の頃、部活に行きたくなくて仕方がなかった。

そして、学校にも行きたくなかった。

 

ただ学校に行かなければ、母親にめちゃくちゃ怒られる。

 

家にいれば母親に怒られ、学校にいけばいじめられる。

当時はそんな感覚だった。

 

正直、死にたかった。

いつどこにいても、存在を否定されている気がしたんだ・・・。

 

 

3.母親に「死にたい」と伝えた

 

ある日、カーチャンがいつも通り「学校へ行け」と僕を責めた。

 

僕は、それを断固拒否した。

 

カーチャンは、怒っていた。

「何で学校に行きたくないのか?」しつこく聞いてきた。

 

僕は、いつも黙秘していた。

あるいは、「うるさい!」と反抗していた。

「いじめられている」なんて恥ずかしかったから・・・。

 

 

しかし、今回のカーチャンはとてもしつこく僕を責め立てた。

 

僕は、泣き出してしまった。

そのままカーチャンに言った。

「K君にいじめられて、辛いから学校に行きたくない。

その事を学校にも相談出来ない。

相談したら、もっとひどくなるかもしれない。

だから、もう死にたい・・・。死にたい・・・。」

 

 

すると母親は、1つの提案をした。

 

「K君を殺そう。」

 

K君にいじめられているからといって、僕が死ぬ必要はない。

僕がK君によって死ぬと言うなら、私がK君を殺す。

そんなような事を言っていた。

 

 

正直、カーチャンの意見はめちゃくちゃだと思った。

僕は、K君に死んでほしい訳ではなかった。

これを聞いて、K君を心配してしまったのを覚えている。

この状態でもK君の事を守ろうとしていた。

思い返せば、とんだお人よしかもしれない。

 

 

僕は、カーチャンに殺人という罪を犯して欲しくなかった。

そして僕も、K君を殺す度胸なんてなかった。

 

僕は、母親にその旨を伝えた。

 

「それじゃダメなんだ・・・。だから、もう死にたい・・・。死にたい・・・。」

そしてそのまま、言葉を吐き続けた・・・。

 

 

すると、カーチャンは立ち上がりそのまま台所へ向かった。

 

そして、包丁を持ってきた。

 

僕は、殺されるのかと思った。

 

でも違った。

 

カーチャンは、僕に包丁を両手で握らせた。

 

そして、泣きながら言った。

「私を殺しなさい。私を殺してから、死になさい。」

 

言い終わると、僕に背を向けて縮こまって座った。

正座をしていた様だが、頭がひどく垂れていた。

 

 

僕は、この状況を理解することが出来なかった。

ただ、包丁をぷるぷると震わせていた。

 

1分ほど、そのまま静止した。

なんで、カーチャンと二人で泣いているのか。

そして、自分はカーチャンを殺さなければいけないのかを考えていた。

 

答えは出なかった。

そして手に持った包丁を、足元に置いた。

 

僕は母親に謝った。

「ごめんなさい・・・。」

 

ただそれだけだった。

 

少し間が空くと、母親は無言で振り返った。

 

僕の足元にある包丁を手に取り、台所へ向かった。

 

そのまま、僕の部屋には戻ってこなかった。

 

その日は、学校を休んだ。

 

 

4.いじめのその後

 

カーチャンは学校に行けとは言い続けたが、前ほど言わなくなった。

週3くらいで学校に行っていたと思う。

 

そして、部活を辞めた。

顧問やサッカー部の友人には、受験勉強を頑張ると説明した。

 

勿論、勉強しなかったとは言うまでもない。

 

K君とは廊下ですれ違う程度であった。

「おぅ」とか「久しぶり」などの挨拶を交わすくらいの関係になった。

丁度良い関係だった。

 

これで一応「いじめ」は幕を閉じた。

 

 

5.母親とそれ以降

 

僕はその出来事以降、「死にたい」と母のまで言うことはなくなった。

 

今思えば、息子にそんなことを言われるのはとても辛い事だったに違いない。

 

勿論、そのいじめ以降も「死にたい」と思うことはあった。

 

かなり先になるが、この時とかね。

rat20.hatenablog.com

 

ちなみにこの会社を辞めるときも、母親にあんまり相談しなかった。

 

「もう会社、ダメかもしれない。

出来るだけ穏便に辞めようと努めるけど、

そっちに連絡が行くことがあればごめんなさい。」

とだけ伝えた。

 

 

ちなみに最近も、「死にたい」と思う事がある。

仮想通貨では大損するし、バイトをしても将来は見えない。

 

「死にたい」というより、

「生まれてこなければ良かった。」と思う。

 

本当に生まれてこなければ良かったと心の底から思う。

しかし、両親にはそんなことは言わない。

 

多分、それが僕の出来る唯一の親孝行なのかもしれない。

 

-----------------------------------------------------------------

 

・・・。

ゆたぽんじゃないけど、夏休みの宿題が終わらなくて不登校になった事がある

 

旬は過ぎましたが、なんか「ゆたぽん」がツイッターで流れてきました。

 

元気に不登校しているみたいです。

 

不登校は世間一般的には言えば良くない事ですが、

元気な事は良い事だと思います。

 

宿題サボって学校に行かなくなる奴は、人生苦労する気がします。

ソースは僕です。

 

ゆたぽんの今後に期待しています。

 

そんな僕も、宿題が嫌で学校行かなくなった時期がありましたとさ・・・。

f:id:laboratoryrat20:20190710074520p:plain

 

 

-----------------------------------------

 

1.高校1年生の頃、夏休みの宿題をやらなかった結果

 

夏休みの宿題に苦労した方は多いんじゃないでしょうか。

夏休み明けの次の日って、いつもより休んでいる人は多いですよね。

 

勿論、休んだ人に「お前、宿題やってなかったからやろ!」とは言えませんがね。

これは暗黙の了解です。

 

 

僕も高校1年生の頃、夏休み最終日に宿題が終わってませんでした。

量的には1/10くらいやってありましたね。

 

最初はカーチャンに、

「宿題やるから今日だけ休ませて!」とせがみ、

学校を休ませてもらってました。

 

しかし、そんな生活が一週間続いてしまいました・・・。

 

 

2.夏休み明け、学校を休んでも宿題をやらなかった。

 

夏休み明け、学校を一週間ほど休みましたが、

ほとんど宿題は進みませんでした。

 

進捗度は、1.5/10くらいでしょうか・・・。

 

 

宿題が進まなかったのには、理由があります。

 

答えを写さなかったらです。

 

皆さんは、宿題の答えは写すしたことありますか?

僕は高校1年生まで、宿題の答えを写した事はほとんどありません。

 

何故なら、意味がないからです。

 

僕は宿題を半分くらいは、やっていました。

残りの半分は、「提出しない」or「放課後に強制的にやらされる」って感じでしたね。

 

だって、宿題を写すのって意味ないじゃないですか。

そんなことしても、殆ど頭に入らないし・・・。

先生もそんな事は望んでいません。

 

だったら、一層やらない方がいいのです。

宿題未提出で、成績を落としても構いません。

 

「気が乗った時だけ、宿題をやります。」

これが僕のスタイルでしたが、高校の先生は怖すぎました。

宿題をやらないと、めちゃんこ怒るのです・・・。

 

なので、宿題をやらずして学校に行くことが出来ませんでした。

そして、宿題のやる気も起きずそのまま時間だけが過ぎていきました・・・。

 

 

3.不登校一ヶ月後、友人と担任の先生が襲来

 

友人の襲来

 

高校に通っている頃は、

部活が一緒で、帰り道も同じ友人が一人いました。

 

その友人は週2~3回くらい、

朝7時半頃に僕の部屋に来てくれました。

 

朝に30分くらい話をしていましたね。

 

友人「今日、学校いくか?」

僕「今日は、違う。」

友人「調子悪いんか?」

僕「いや、調子は悪くない。」

友人「なら行こうぜ!」

僕「いや宿題がまだ終わっていないし、きまづいわ」

友人「大丈夫だって。まぁまた来るわ。」

 

って感じの会話をしていました。

 

今思えば、僕の為に30分も早く起きてくれてたんですね。

本当にありがたいです。

もしかしたら、母が頼んだのかもしれません。

それでもありがたいことです。

 

ちなみにこの友人とは、高校卒業後、一度も連絡を取ったことはありません。

ちゃんとお礼を言わず終いでした・・・。

 

担任の襲来

 

同時期に担任の先生も朝くるようになりました。

頻度は週2~3回です。

 

たまに友人と被ってましたね。

 

担任の先生とも色々と話しました。

 

先生「今日、調子悪いんか?」

僕「具合は悪くないです。」

先生「じゃぁ何で来ないんだ?」

僕「宿題が終わりません。」

先生「もう夏休みの宿題やらなくてもいいよ・・・。」

僕「いや、でも・・・」

先生「もうお前の宿題の事を気にしている先生誰もいないぞ」

僕「そうなんですか・・・。でもやっぱりちゃんとやらないと・・・。」

先生「やらなくていいからさ。ほらいくぞ。」

僕「今日は、どうしても学校に行きたくないです。」

先生「お前は病気でもないんだろ?クラスの皆になんて説明すればいい?」

僕「はい。体調は悪くありません。申し訳ありませんが、誤魔化してください。」

先生「いや・・・。学校いこうよ・・・。」

 

みたいな会話をよくしていました。

 

後は、「学校でこんなことがあった」とか話してくれましたね。

 

確かこの時の担任の先生は新卒1年目です。

23歳だったと思います。

 

いやぁ、すごいですね。

クラスに一人の不登校が生まれた為に、

朝早くいかなきゃならないのですから。

 

残業代も出ないと思います。

 

僕は不登校になった時、「絶対に学校の先生にはならない」と誓いました。

僕みたいな面倒くさい生徒を相手にするのは御免です。

 

 

4.続く不登校生活

 

不登校1ヵ月目~3ヵ月目の朝は、ほとんど変わりません。

友人や先生と朝に話をするの基本的に変わりません。

 

両親が仕事であれば、友人や先生が帰った後に寝ます。

そして、12時45分から朝ドラの再放送を見て、いいとも見て、

ごきげんようを見て・・・。

後は良く分からない昼ドラと相棒とか見てました。

 

夕方頃に、また部屋に篭るという感じでしたね。

 

全然、宿題やってない。

 

 

両親が休みの日は、基本的に外に追い出されます。

畑の手伝いを良くしていました。

あるいは、とりあえず机に座っていましたね。

 

寝ていると、物凄い怒られるので・・・・。

 

もう両親との関係も最悪でしたね。

毎週、母か父に泣かれたり、軽く殴られたり、怒鳴られたりでした。

 

 

5.不登校の終わり

 

正直、いつまでもこのような生活を送っていてはいけません。

 

両親からは、「病気」の設定で休んでたことにしても良いと提案されました。

それだったら、僕も学校に行きやすいだろうという配慮です。

担任の先生ともそんな話をしたようです。

 

確かにその場しのぎにはなるけど・・・。

残りの高校2年間も嘘を付き続けるのいやだな・・・。

という事で却下しました。

 

 

僕は高校を退学して、高認高卒認定試験)を考えました。

高認とって、大学行けば一緒だと思ったのです・・・。

 

 

 

しかし、転機は突然訪れます。

突然、いつも来てくれた友人が「部活の皆を連れてくる」と言ったのです。

僕は、了承したものの、ちょっとヒヨってました。

だって宿題やらずに3ヵ月も休んでしまったなんて、恥ずかったのです。

顔向けできなかったのです。

 

 

そして、その当日が訪れました。

学校終わりでしたね。

 

自分の部屋に、7人くらい来ました。

皆、口を合わせて同じ事を言っていました・・・。

 

「お前、なんで学校こないんだ?」

 

いつも来てくれた友人には、「宿題をやっていない。」と伝えていました。

しかし、誰にも口を割っていなかったようです。

流石ですね・・・。

 

僕は、「宿題が終わってないんや・・・。」とつぶやきました。

 

 

すると、

皆で僕の宿題をやろう!!!みたいな流れになりました。

 

 

いや、違うんや。

すまん。先生に「宿題はもうやらなくていい」って言われたんや・・・。

 

本当は、気まずかったんだ・・・。

連続で休んで、学校にもう今更行きにくいんや・・・・。

 

友人達は、僕を必死に説得しました。

「一回、絶対に来てくれ。何か言われたら、俺が言い返すし。

 絶対、大丈夫だから。

 もしダメだったら、また休めばいいじゃん。

 一回だけ、来てくれよ・・・・。」

 

正直、そこまで言ってもらえて嬉しかったです。

 

いつも朝来てくれる友人は、

部活は一緒だったけど、クラスは別だったんですよね。

 

だからなんというか、結局クラスでは孤独じゃないですか・・・。

でも、この来てくれた7人の中に同じクラスの友人もいました。

 

そういってもらえると安心するわけです。

 

という訳で、次の日に学校に行く約束をしてしまいました。

 

 

6.不登校明け、久しぶりの学校

 

当日は緊張してしまい、遅刻ギリギリになってしまいました。

いつも遅刻ギリギリだったんですけどね。

 

遅刻ギリギリなので、廊下には誰も居ません。

教室は、読書タイムが始まる頃なので静まり返っています。

 

扉を開ける前に、自分の心臓の音が聞こえました。

「ドクン...ドクン」

 

心臓が口からで吐き出しそうでした。

もし、これで虐められたら速攻で逃げようと思いました。

 

 

あれほど、重かった扉はなかったです・・・。

ガラガラガラ

 

僕「おはようございます。」

担任の先生「おう。おはよう。」

スクールカースト上位の人「おはよう。久しぶりじゃん。よろしく!」

僕「久しぶりやね。」

 

皆「( ゚Д゚)」

 

とりあえず、これで朝は平穏に過ぎました。

皆、びっくりしていました。

 

不登校の理由を聞かれたらどうしようと悩んでいましたが、杞憂でした。

皆、それに触れてこないのです。

 

久しぶりの学校だったので、クラスメイトと色々と話しました。

ですが、僕のことを詮索する人は一人もいませんでした。

「こんなことがあったよ!」と話してくれるのです。

 

明らかに、腫物扱いですが、僕は嬉しかったです。

気を遣ってくれてるんだなって・・・。

 

 

7.不登校のその後

 

一週間すると、殆ど元通りの生活になりました。

しかし、勉強は大変でしたね。

数学は「サインコサインタンジェント」というスケット外国人選手のような奴が登場しており、ワケワカメ状態でした。

 

後は、「不登校の理由」を聞かれ始めました。

 

素直に「夏休みの宿題が終わらなかった・・・」と説明していましたね。

皆、ゲラゲラ笑ってました。

大病を患ってる説が流れていました。

 

 

学校の先生にも、この事をいじられるようになりましたね。

 

地理の先生「この辺りの凍らない港を何という?Y君、答えろ」

僕「不凍港(ふとうこう)です。」

地理の先生「正解だ!お前の事だ!」

 

と授業中に何回も同じネタをやってました。

 

とりあえず、そのままクラスに馴染めたように思います。

これは、僕ではなくて完全に周りのおかげですね。

 

 

8.不登校を脱却してからの変化

 

不登校を経験して、得たスキル?です。 

 

①遅刻しても、平気でドアを開けられるようになる。

 

不登校明けの扉より、重い扉はありません。

 

遅刻すると、授業中だったりクラスが静まり返っており、

気まずいですよね。

 

ですが、不登校明けの扉に比べれば余裕です。

 

高校で遅刻を繰り返し、大学でも何度も授業を遅れました。

あの途中で教室に入ると感じる「気まずさ」、これに対して滅法強くなりました。

 

就活の時の最終面接の扉も、これよりは軽かったです。

 

もう僕に、開けられない扉はないでしょう。

 

 

②宿題の答えを写すようになる。

 

昔は、「答えを写すことに何の意味もない」と主張していました。

しかし、それは違うと思ったのです。

 

見てくれでいいのです。バレなければいいのです。

教師は体裁を求めているのです。

 

勿論、しっかり宿題をやるのが一番です。

でも、やっている様に見えればそれでいいのだと思います。

 

正直、宿題を写しているかなんて、

如何に高度な写し方をしてもテストの点でばれます。

 

でも、証拠がなければ責めることは出来ません。

 

「しっかりやっている」という事実より、

「しっかりやっている感」が大切なのです。

 

きっと、これが「世渡り上手」なんだと思います。

 

宿題を放棄する奴より、ばれずに写す方が、

教師との人間関係はスムーズになります。

 

決して茶番であっても、体裁を整える大切さをここで学びました。

 

※体裁だけでなく、しっかりやるのが一番です。

 

 

 ③一回チャレンジして、ダメなら辞めればいい。

 

不登校後は身が軽くなりました。

 

考えなしに行動するのもよくありませんが、

とりあえず「一回やってみよう!」と思えるようになりましたね。

 

本当はすぐ辞めるのも良くないのですが・・・。

でもチャレンジしない事は、もっと良くない事だと思うのです。

 

学校に行くのが気まずくなってしまった人。

そして、そのまま学校を辞めようとしている人。

一回、行ってみるのも良いかもしれません。

「もうやだー」ってなったら、一旦逃げましょう!!

 

トラウマになったらすみません(´・_・`)

 

----------------------------------------------------------------------

 

不登校」というと、どうしても暗いイメージがあると思います。

そのイメージに臆することない、ゆたぽんは素敵ですね。

両親との関係も良好なようですし。

 

ただ、一般的なルートを外れるリスクを軽視しているように思いますがね。

しかも、かなり若い段階で。

勿論その分、修正も可能だと思いますが、

このまま突き進んだ時に、道のそれる角度は尋常じゃないでしょう。

 

「学校に行きたくない学生」と「働きたくない大人」には、

共通する部分もあるような気がしますね。

 

僕はある意味、大人のゆたぽんですよ。

あんなに行動的ではないので、かなりマイナスですがね。←

 

一般的な学習機会を損失して、得られたものは何でしょうか?

常識とは異質なものになるかもしれませんね。

 

将来的にどうなるか知りませんが、

僕と同じようなニートにはなってほしくないですね。

 

がんばれゆたぽん。

というよりまず、僕が頑張らなければ・・・。

時給1000円のフリーターだけど、1日で30万を仮想通貨で溶かした

 

お久しぶりです。

ニートのY氏です。

 

もうアルバイトをしているのでニートではありませんね。

フリーターです。

 

先日、仮想通貨の記事でこのような事を書きました。

rat20.hatenablog.com

 

今回も無事、大量出血とロスカットの嵐です・・・・。

いやぁ、正直きついです・・・。

 

 

f:id:laboratoryrat20:20190701215338p:plain

------------------------------------------------------------------------

 

1.終わりの始まり ビットコインで爆損

 

6月27日のことです。

 

ビットコインは150万まで昇り、

多くのアルトコインもその波に乗っていました。

 

今月の最初に、誤発注やモナコインのアビトラ失敗などで

10万円の損失を出しました。

 

しかしながら、

様々な仮想通貨をlongポジション(上がると儲ける)で持ち続けていたので、

ビットコインが150万近くのころにはかなり儲けがでていました。

 

含み益も換算すれば、今月の収支が15万近くまで登りましたね。

月初めの損失から+25万ほど巻き返したのです。

 

 

しかし、順調なのもここまで・・・。

 

事の発端は、6月27日の午前3時半くらいです。

朝のパチンコ清掃バイトがあるので、この時間に起きました。

 

この時にビットコインは150万に到達していました。

僕は含み益が出ていたので、とても良い気分でした。

 

しかしながら、いくつかのポジションは利確していたのです。

「んーまだあのポジションを持っていれば・・・」と少し損した気分になってしまい、

僕はビットコイン150万近くから、更にlongしてしまったのです・・・。

 

 

これが地獄の窯でした。

 

ポジションを持ってから2時間後、

ビットコインは150万から135万まで暴落しました・・・。

 

丁度バイト前でしたね・・・。

これによって5万円の損失です。

 

めちゃくちゃ萎えましたね。

僕は時給1000円の男ですから・・・。

 

 

2.バイトを勢いで休む

 

朝7時~朝9時までの早朝バイトがあったのですが、

5万円の損失のショックにより休んでしまいました(´・_・`)

 

後は、激しく変動していたので張り付きたかったというのもあります。

 

 

2時間バイトしても2000円です。

正直バイトのやる気はありませんでした。

相場に張り付いていた方が、利益を出せると思ったのです。

 

 

まぁバイトを休むのは最悪ですね・・・。

実質働く機会損失で2000円の損失と信用が落ちました。

 

 

パチンコ屋のバイトは一応、人が余っている状態です。

最近は新人が増えた影響で、通常業務の人数+1人は確保されています。

なので自分が休んだところで、

新しく誰かがシフトに入らなければならない状況ではありません。

 

電話でも、「出来れば休みたい」というニュアンスで連絡しました。

誰か個人的には「セーフ!」と言いたいですが「アウト」ですかね( ・´ー・`)

 

後、早朝のお仕事なのでたまに寝坊で連絡なしで休んでしまったりする方もいます。

それよりはマシです!(言い訳がすごい)

f:id:laboratoryrat20:20190217002206p:plain

 

3.ふて寝している間にも暴落

 

パチンコ屋のバイトを休む連絡を入れて、

お昼12時くらいまでチャートを眺めいていました。

 

ビットコインが135万まで暴落したものの、140万まで戻りました。

損失は少し回収できたものの、もう少し欲張りたい気持ちでした。

しかしながら、140万にも戻ってから動きがあまりありません。

 

お昼くらいまで140万前後をうろちょろしています。

損失は出すし、バイトは休んでしまい、自己嫌悪に陥っていました。

とりあえず少し損失を回収出来て安心したので、

そのままふて寝してしまったのです・・・。

 

 

起きたのは、夜7時・・・・。

 

スマホですぐにビットコインの値段を確認すると・・・

 

128万円

 

無事死亡。

 

朝から-10円の損失です・・・。

 

 

4.大量ロスカ祭り 開催決定

 

ビットコイン

150万→135万→140万→128万と1日も経たない内に暴落していきました。

 

このままビットコインが落ち続けるかもしれない・・・。

しかし、一回くらいリバるだろうと考えるのが素人です()

 

ここでナンピンしました。

更にlongを重ねるのです。

 

流石にそろそろあがるでしょう・・・。

ちょっとだけ焼けになっていたこともありますね。

 

 

しかし、ビットコイン上がらず!!!

 

そのまま115万まで暴落しました・・・。

 

結果的に150万→115万まで暴落したビットコイン

大量にロスカットを食らいました。

 

そして30万円の損失をだしました・・・・。

f:id:laboratoryrat20:20190217002005p:plain

 

5.30万の損失を得て・・・

 

30万円といえば、時給1000円の僕からすると300時間です。

月150時間バイトしたとして、2ヵ月分の収入です。

 

1度バイトを休んでしまいしたがね・・・。

その後は、ちゃんとバイト行きましたよ。

 

(´・_・`)←こんな顔をして働いていたと思います。

 

 

「もう仮想通貨はやらない!!!」と思ったのですが、

どうしてもチャートが気になってしまい、ポジってしまいます。

 

以前よりはあまりポジションを持っていませんが・・・・。

 

負けを取り返したいという気持ちが凄いのです。

これがギャンブル中毒かな。^q^

もう仮想通貨に呪われているような気がします。

 

結局、反省しても仮想通貨は卒業しませんでした。

とりあえずギャンブル事業部の通算収支をプラ転させてからですね()

 

--------------------------------------------------------------------

「含み益は幻、含み損は現実」とは良くいったものですね。

やはりfxや仮想通貨は難しいです。

 

僕はロスカされても何とか生きていますが、

今回の暴落で退場された方も多いと思います。

 

僕は、まだ生き残れたので良かったとしましょう。()

 

朝早くというか、夜3時半に起きたのが運の尽きでしたね。

早起きは30万の損です。

変にポジションを持たなければ、こんなに損失は出さなかったと思います。

まぁ結果論ですがね・・・。

 

パチンコ屋で1000円の価値について考える。結果、豪遊!!!

 

昨日は久しぶりに、電車を使ってお出かけしました。

 

その帰りに久しぶりにパチンコ屋に入ってしまいました・・・。

 

いや、パチンコ屋には週4で入っているんですけどね。

アルバイトの清掃で。

 

それを除けば、

パチンコ屋に入るのは半年以上になるのでしょうか・・・。

 

 

------------------------------------------

 

1.久しぶりにパチスロを打ちたくなる

 

久しぶりに電車を使って遠出をしました。

用事が済んだのは、夕方の午後6時くらいです。

 

都心部にいたので、帰宅ラッシュで満員電車の時間です。

昔は毎日のように満員電車に乗っていたのですが、

あまり乗りたくないものですね。

 

しかも家に帰るまでに2時間近く掛かります・・・。

 

少し時間を潰そうと思い、パチンコ屋に入ってしまいました。

 

実はパチンコで人生通算で20万円ほど負けています。

1回目は、ホームレスごっこしている辺りで10万を秒速で溶かしました。

後は、友人との付き合いでたまに行って負けていましたね。

rat20.hatenablog.com

 

 

まぁ娯楽として、パチスロをやるのはありだと思います。

高いゲーセンみたいなものです。

 

しかしながら、投機としては考えにくいですね・・・。

スロプロの様に店の情報集めたり、ハイエナに徹底していた訳ではないので。

仮想通貨や株のが全然、投機としては優れていると思います。

 

 

パチンコ屋に入ると、ジャグラーを中心に回りました。

使うお金は1000円までと決めたのです。

 

正直言って、良さそうな台はありませんでした。

しかし、どうしてもガコンッという音とあのペカリが久しぶりに聴きたかったのです。

 

まぁでも1000円で当たりを出すのは難しいです。

良さそうな台もただでさえないのに・・・。

 

 

結局、僕はパチンコ屋から出ました。

クソ台は打つ気にならないのです。

 

そして、新たなパチンコ屋に向かいました。

 

 

2.パチンコ屋巡りをする。

 

都心部なので、半径3キロ内に沢山のパチ屋がありました。

僕は普段、交通費をけちるために自転車や徒歩で3キロくらいは動けます。

 

パチ屋を5件ほど回りましたね。

全部で1時間ほどでしょうか。

 

結局、そこまで良さそうな台はみつかりませんでした。

しかし、良さそうな台を見つけてしまったら、

投資額が1000円では収まりそうないですがね・・・(´・_・`)

 

 

せっかくパチ屋を巡ったので、1000円を適当な台に入れようと思いました。

 

しかし、1000円は重いです。

今の自分の1時間分の労働です。

20スロであれば10分も持たないでしょう。

 

 

3.1000円を稼ぐのがどれだけ大変か、1000円で何ができるのか

 

僕はバイトに行く前、控えめに言って死にたい気持ちになります。

世の中の全てを壊したくなるくらいバイトに行きたくないです。

ドラえもんの秘密道具にある「地球破壊爆弾」があれば、

すぐさま使ってしまうでしょう。

 

それでも、仕事を選り好みできる立場ではありません。

 

そのバイトで1時間に稼げるお金が1000円です。

 

確かにスロットに1000円入れれば、増える可能性もあります。

しかし、スッってしまえば虚無感と苛立ちに変わるかもしれません。

 

遊びと割り切れればいいんですけどね。

遊びと割り切るには、10分で1000円は高すぎます・・・。

僕にはそんなお金はないのです。

 

スロットを投機とみても、素人目からみてもオッズが悪そうなものばかりです。

適当にfxで1000円分遊んだほうが、可能性はありそうです。

 

 

逆に1000円あれば何が出来るでしょうか。

 

難しいですね。

 

おいしいご飯が食べられるくらいでしょうか。

別に1000円あったところで、

人生が劇的に変わるなんてことはほとんどないでしょう・・・。

 

 

4.決断

 

1時間近くパチ屋を回り、

最後の店で30分近くスロットを打つか悩みました。

 

 

結局、打ちませんでした。

 

 

1000円だけ打って、嫌な気分になるのも嫌だったのです。

もしかしたら追加投資してしまう可能性もありますしね・・・。

 

 

そして、帰りにジョナサンによりました。

お腹は一杯だったのですが、もう少し時間を潰したかったのです。

 

夜7時半で、まだ電車も混む頃だと思ったので。

 

 

自分が訳もなく、ファミレスに入るなんて豪遊ですね。

最近アルバイトを頑張っていたので、そのご褒美としたいと思います。

ご褒美が、「時間を潰すファミレス」というのもアレですがね・・・。

 

ドリンクバーで色々と堪能しました。

f:id:laboratoryrat20:20190620213804j:plain

 

 

お金の使い方的にはちょっと勿体なかったかもしれません。

まぁでもスロットで1000円使ってしまうよりは良かったかと思います。

スロットを打たなければ、負ける事はないのです。

実質、勝ちです!笑

 

------------------------------------------

 

有意義な買い物が出来れば、いいんですけどね。

不必要なものを買ってしまった時のストレスが凄いです。

 

「ギャンブルはストレスをお金で買っている」とはよく言ったものです。

仮想通貨やっている自分が言えたことではありませんがね()

 

昔はこんな価値観ではなかったんですがね・・・。

貯金も収入も乏しい生活を送っているからでしょうか・・・。

 

 

オワリ‼

【祝】ニート卒業 5月6月の就業状態について

 

あんまり就業状態について報告してなかったですね。

ニートのY氏」という名前ですが、一応ニートは卒業しました。

しかしながら、ニートに戻りたい気持ちで一杯です。

 

 

f:id:laboratoryrat20:20190613124141p:plain

 

-------------------------------------------------------------------------

 

現在の就業状況 

 

パチンコ屋清掃

勤務開始5/1~

週4回(月18回勤務)  勤務時間7時~9時

 

コンビニバイト

勤務開始4/22~

週3回(曜日固定) 勤務時間22:00~6:00(休憩1時間)

 

とりあえず、5月と6月はこのようなWワークでやっています。

コンビニバイトは最初、研修もあったのでお昼に何度か入りました。

5月に入ってからは夜勤をやっています。

 

 

基本的にバイトの日は、

夜22時~朝6時までコンビニバイトをして家に帰ります。

その後、家を朝6時30分に出てパチンコ屋に向かいます。

そして朝7時~9時まで、パチンコ清掃バイトをして帰宅です。

 

だいたい22時~翌日9時まで働きます。

家に居る時間や、休憩時間もありますがね。

 

これを週3回やってます。

+週1でパチンコ清掃だけの日があります。

 

 

もう、このダブルワーク生活も慣れましたね。

相変わらずバイトは嫌いですが・・・( ・´ー・`)

 

ニート上がりですが、一度も遅刻や休みもないです。

当たり前ですがね・・・。

 

ちなみにこれだけ働いて月15万くらいの計算です。

f:id:laboratoryrat20:20190424080800p:plain

 

 

パートのおばちゃんに良く働いていると褒められるが・・・

 

コンビニには報告してないのですが、

パチンコ屋にはWワークしている事を話しています。

 

パチンコ屋のおばちゃんは、

「夜勤上がりで、その後清掃のバイトなんて偉いね!良く働くね!」

と褒めてくださいます。

 

 

ところがどっこい、実はそうでもないのです・・・。

 

夜22時~朝9時の間、殆ど働いているといっても、

たった11時間なのです。

 

しかも、1度家に帰っています。

 

正社員であれば、

朝9時~夜20時まで働くなんてことはざらにあるでしょう。

 

11時間労働(休憩込み)なんて、全く珍しくないのです・・・。

 

しかも僕の、週労働時間は以下の通りです。

(コンビニ7時間×3)+(パチンコ屋清掃2時間×4)=29時間

 

一般的な残業0時間の正社員は週40時間の労働が一般的です。

 

僕は、超ホワイト正社員の3/4しか働いてません(´・_・`)

 

昨今では、労働者=正社員のイメージが蔓延しています。

そういった意味では、一般的な労働者以下の時間でしか自分は働いていません。

 

「夜勤した後に早朝バイト」と聞くと、

ハードワークなイメージがあるかもしれませんが、

実際はそうでもないのです。

 

普通に新卒の時に働いてた時のが、きつかったです。

朝9時~夜22時まで仕事で、通勤時間も少し掛かります。

しかも週5か週6です。

上司の方々はもっと働いていましたね。

rat20.hatenablog.com

 

社畜自慢というか社畜自虐というか、

そういうのはあんまりよくありませんね。

もう過去の話ですが・・・。

f:id:laboratoryrat20:20190613124357p:plain

 

 

これからについて

 

まぁフリーターとしては、よく働ている方なのかもしれません。

労働者としては相変わらず底辺です。

 

お金を稼ぐ術を労働以外で持っていれば、このままでもいいんですがね。

残念ながら、それは未だに見つかっておりません。

 

とりあえず6月このままやり切りたいと思います。

日々の生活を賄う事は出来るようになりました。

しかしながら、いつまでもこのままでは詰んでしまうでしょう。

 

やはり正社員になるか、

バイトをしながら労働以外の収益を出す術を身に着けるか、

どちらかしないとまずそうです。

 

ちなみに今はバイトとギャンブル事業部で精いっぱいです(´・_・`)

しかもギャンブル事業部では、今月大幅にマイナスです・・・。

f:id:laboratoryrat20:20190613124517p:plain

 

オワリ‼

 

初めてのロスカット【ニートFX】 致命傷で済んだぜ

 

6月10日の話になりますが、初めてロスカットを食らいました。

ロスカットというのは、強制損切り(強制決算)の事です。

 

初心者トレーダーや無理なトレードをしている時にたまに起こります。

 

直前に、10万ほど損失があったので少しやけになっていたのです。

損を取り返そうと、無理なトレードをしてしまいました(◞‸◟)

投資にはメンタルが大事ですね。

rat20.hatenablog.com

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

6月10日に起こった悲劇、初めてのロスカット

 

僕は6月6日から、リップル1万枚を買いで入っていました。

一時期3万円近くの含み益を出していましたが、そのまま放置していました。

長期で持つ予定だったので・・・。

 

リップルが1円上がる事に、1万円増える算段だったのです。

 

しかしながら下画像のチャートをご覧ください。

f:id:laboratoryrat20:20190611194748p:plain

 

6月10日に、大暴落が起きました。

 

リップルを1万枚持つには、40万~50万ほど必要です。(最近の相場)

しかし僕は、他のコインも所持していたためそこまでお金がありませんでした。

 

なので、レバレッジを掛けてfxでリップルを所有していたのです。

計算では40円まで落ちても、ロスカットを耐えられる予定でした。

 

しかし、画像を見てください。

ほんの一瞬だけ40円を割っています。

39.418円まで大暴落しました。

 

画像の「ここら辺」のところでロスカットが入りました(◞‸◟)

もう最悪です。底の底でお金を落としました。

すぐ値段は戻っていますが、ロスカットされては意味がありません。

自分の資金管理不足です。

 

他の取引所では40円を下回っている所は少ないですがねぇ・・・。

見事に駆られてしまいました・・・・。

 

損失は、下記の画像の通りです。

約2000枚、1万1500円の強制ロスカットとなりました。

f:id:laboratoryrat20:20190611194335p:plain

 

めっちゃメール来てました。

f:id:laboratoryrat20:20190611194313p:plain

 

 

現在のポジションについて

 

まだ、ロスカットされなかったリップルを8000枚所持しています。

現在の含み損は約-1万円です。

かなり減りました。

 

とりあえず長期ホールドで行きたいと思います。

にしても、39.5円でロスカットされた2000枚が痛いですね。

それを持っていれば、損が8000円分くらい減りました。

まじでくそです。(◞‸◟)

 

逆に、8000枚生き残ったとプラスに考えますか・・・・。

f:id:laboratoryrat20:20190611200739p:plain

 現在のポジションは以下の通りです。

リップル 43.6円で8000枚 買い(ロスカットライン39円)

ビットコイン0.3枚分の草コイン 現物(恐らくレート変化なし?)

 

とりあえず長期ホールドで考えていきたいと思います。

仮想通貨が死んだら、とりあえずギャンブル事業部が解散です!!!!!!!!

 

 

オワリ‼

ニート自立(仮)生活 3ヵ月目の収支 +30万の貯蓄に成功

 

ニートが自立(仮)を初めてから約3ヵ月が経過しました。

実家を出て、シェアハウスに暮らし始めたのが3月9日です。

今回は、自立(仮)生活3ヵ月目の収支を計算していきたいと思います。

 

5月1日~5月31日の収支計算となります。

f:id:laboratoryrat20:20190611064437p:plain

 

 

----------------------------------------------------------------------

1.自立(仮)生活3ヵ月目の収支計算

 

所持金 19万2319円 (5月1日時点)

収入 38万0851円

支出 5万4042

 

 7万5390円

+95361円

残金51万4128円(6月1日時点)

(前月比+32万1809)

 

 

 2.収入の詳細

 

収入 37万5851円

 

内訳

労働事業部+7万5390円

rat20.hatenablog.com

 

ギャンブル事業部+95461円

rat20.hatenablog.com

 

両親に金をせびる+9万

実家にあった隠し財産+11万5000円

rat20.hatenablog.com

 

まぁまぁ良い調子です!

約20万ほどはチートですが( ・´ー・`)

 

一度きりのチートなので、勘弁してください・・・。

 

 

3.支出の詳細

 

支出 約5万4000円

 

内訳

家賃(光熱費込み) 3万6000円

食費5000円

雑貨3000円

酒代2000円

携帯代2000円

交通費6000円

 

今月は実家に帰ったので、交通費が多めです。

これは仕方ありません。

 

食費がいつもの半分です。

これはコンビニの廃棄を頂いているおかげです(´・_・`)

ありがたや。

コンビニを辞めれば、食費は月1万円に戻ると思います。

 

4.感想

 

とりあえず、1ヵ月で32万も貯めることが出来ました!

その内、20万は自分の隠し財産と親の金です(´・_・`)

 

働き始めたのが4月後半からなので、

労働事業部での収益は少ないですが、

今月はしっかり貰えると思うので良しとします!

 

ギャンブル事業部も約+10万というのも大きいですね!

6月(4ヵ月目)もしっかり頑張って行きたいです。

 

とりあえず手元には51万4000円です!

上手く増やしていきたいですねb

 

 

追記:

実はこの記事を書いている6月11日現在、

ギャンブル事業部で-14万ほどの損益をだしてしまいました・・・。

 

現時点は総資産40万円を切っています(◞‸◟)