母の日にお金をせびるニート。

 

親不幸界のイチローこと、ニートのYです。

イチローさんは、引退されましたね。

僕も、親不幸界から引退しなければとは思っているのですが・・・。

 

中々うまくいきませんね。

 

 

 

一週間ほど前、5月12日は母の日でしたね。

少し遅れましたが、その時の話です。

 

実は母の日に、僕は実家に帰っていました。

 

別に恩返しをしたいと思った訳ではありません。

そろそろ夏服が欲しいと思い、実家に取りに行ったのです。

半袖で過ごしたいと思う日も増えましたからね。

 

 

久しぶりに両親と話をしました。

 

一応、今年中には就職する。

そうでなければ、実家に戻るという約束をしていました。

rat20.hatenablog.com

 

 

まぁ、未だに就職活動はしてません。

とりあえず、バイトという感じです。

 

両親にもその現状を報告したのですが、かなり心配されましたね。

「コンビニバイト」をやって、どうするねん・・・・。って感じです。

 

両親の言う事も、正論です。

僕は別にコンビニの社員を目指しているわけではありません。

その場しのぎでやっているつもりです。

 

それでも両親からしたら、

僕の年齢で足踏みなんてしている場合じゃないと思っているのでしょう。

 

 

就活用のスーツや鞄も実家に置きっぱなしでした。

とりあえず形だけでもと思い、

就活用のスーツなども衣替えの服と一緒に、

今のシェアハウスに持っていくことにしました。

 

しかし就活用の靴だけは、持っていません。

前職の営業で履き潰したんですよね。

 

 

その事に気づいた母が、

「これで靴でも買えや」と1万くれました。

ありがたく、頂戴しました。

 

 

その日は、母の日でした。

実家に帰る途中でも、駅にある「母の日にプレゼント」なんて広告が目に入りました。

実家のテレビでも、「今日は母の日!」みたいなCMが多かったです。

 

正直、母にプレゼントをあげるほどの余裕はないです。

それでも、カーネーションくらい買った方が良かったのかな。

でもお金ないのにカーネショーン買ってあげて、

それでまたお金貰うって意味わからんよな・・・と思考の堂々巡りです。

 

 

とりあえず、母の日に母から1万円を貰いました。

今の自分にとっては大金です。有意義に使いと思います。

 

 

そして、次の日の5月13日に実家を出ました。

その時に、父が僕のお財布の中身を心配してくれました。

 

父はたまに、「お金は大丈夫か?」と心配してくれます。

僕はそのたびに、「大丈夫と言えば大丈夫だけど、あれば凄い助かる」と言います。

 

そして、父から8万を頂きました。

 

僕は両親から大金を貰う時に、必ず言う事があります。

「返せないと思うけど、いい?」と聞くのです。

 

僕にとって、借金は呪いです。

借りたお金を使うには、あまりにも重すぎるのです。

返す事を期待されるなら、要らないのです。

その期待に応える事が出来ないと、予め分かっているのです。

 

僕の言葉に対して、

いつも両親は「ええよ。」と言ってくれます。

 

ちなみに大学を卒業して以来、親から貰った現金は47万円です。

ちゃんと、数えているのです。

大学を卒業して3年経つので、1年間で約16万貰っていることになります。

 

ひどいですね( ・´ー・`)

 

 

今回は、実家に帰って両親から合計9万を頂きました。

僕の今月受け取るであろうバイト代よりも多いです。

 

背に腹は代えられません。

今の自分にとって、とても大きなお金です。

クズかもしれませんが、ありがたく受け取ります。

f:id:laboratoryrat20:20190602134013j:plain

 

 

僕が親孝行する日は、さぞかし遠いことでしょう。

 

親孝行を考える前に、親不孝を辞めたいと思います。

まずは、両親から「お金大丈夫?」と聞かれた時に、

「大丈夫だよ。心配しないで。」と言えるようになりたいですね(´・_・`)